【ご供養】ご法事・お葬式について

ふだんのご法事

今は亡き先に逝った人たち。亡き人を偲び、ご供養いたしましょう。陽岳寺檀信徒の方だけではなく、江東区内の方、都内在住の方、どなたでもご法事を承ります。霊園やご自宅でもお勤めは可能です。
陽岳寺にお墓はないけれども一度お経をお読みした・・・からといって、以下のようなことを強要いたしません。ご安心ください。(年会費を払わなければならない、寄付を強要される等)

陽岳寺のご法事では、臨済宗の古式にのっとり、お経とともに日本語(現代語)にてお勤めをいたしております。

ご法事の一覧

  • 7日参り
  • 49日忌法要、100ヶ日忌法要
  • 年回忌法要(1周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、43回忌、47回忌、50遠年諱、70回忌、100遠年諱)
  • お盆参り・初盆供養
  • (仏像・仏壇・墓石の)開眼供養・閉眼供養 など

ご法事までの流れ(当日まで・当日)

当日までの流れ
  1. はじめに【日程と時間(場所)】を決めます。
    お電話・メールなどでどなたのご法事なのか、そして日時・場所(お寺またはご自宅)などをご相談ください。
  2. 日時・場所が決まりましたら、参列される家族や友人に詳細をお伝えしましょう。
  3. すくなくとも1週間前までに、下記についてお知らせください。
    ●だいたいの人数
    ●供花・供物(本堂にお供えするお花、果物。お墓にお供えするお花)
    ●お塔婆(ご法事の主催者の方、その他の方のお名前と本数)

お寺でご法事をする際、土日祝日には「午前11時~12時」「午後1時~2時」(午後3時~4時)の時間にて承っております。おひとりでも、ひと家族でも、平日の会社帰りでもご法事を行うことはできます。どうぞご相談ください。

→ご法事についての問い合わせはコチラ

当日の流れ(お寺の場合)
  1. 少なくとも、30分くらい前にはお越しください。
  2. お茶の用意がございますので、どうぞ法要のお時間までお待ちください。
    お待ちいただく場所は座布団ですが、イスもございます。
  3. 法要中はイス席にてご参列いただきます。足がお悪い方や正座の苦手な方も安心してご列席いただけます。

お持ちになるもの:お位牌や遺影、お供え物(花・菓子・くだもの)などお持ちになられましたら、お飾りさせていただきます。お持ちにならない方もいらっしゃいます。

お供えいただきましたお布施は陽岳寺の護持の助けとなります。供花・供物はお寺側でご用意することもできますし、お持ちいただいても構いません。

なお、ご法事の後に、そのまま本堂にてお食事をとることもできます。仕出し屋さんをご紹介いたします。また、お寺の近くで食事できる場所もございます。ご相談ください。


お寺で行うお葬式

お寺の飾りをお使いして、小規模のお葬式を行うことができます。

とくに会葬者もいない、家族だけである、多くて40名だ、ふだんのご法事くらいの規模で十分なのですが・・という方、どうぞご相談ください。お寺の近くの葬儀社をご紹介いたします。


もしもの時は・・・

気を確かに持っておくべきタイミングがくるときがあります。そんなとき、事前にお寺にご相談いただきますと助かることがあるかもしれません。ご相談ください。

投稿日:2016年9月24日 更新日:

Copyright© 臨済宗妙心寺派 長光山陽岳寺ホームページ|虹の彼方に , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.