9月23日午後2時~お彼岸法要・22日茶の湯体験

投稿日:

9月23日の日曜日、午後2時より。秋彼岸の合法のご法要を行います。

どのような方でもご参加いただけます。申し込み不要です。

 

 

また、9月22の土曜日、茶の湯体験を行います。

・午前11時~午後3時半より、陽岳寺本堂にて、カフェ形式の茶の湯体験を行います。
お墓参りのついでに、ちょっと一服、本堂にて座り、薄茶をいただいていきませんか?
(お菓子は近くの洋菓子屋さんと相談中です)(申し込み不要です)

・午後3時半~午後5時半より、陽岳寺本堂にて、『闘茶』体験を行います。(要予約)
お抹茶の銘柄を当てっこする遊び、『闘茶』をしてみませんか?平服で結構です。

以下、『闘茶会』について転載です。こちらは”そうめん”の準備などのためメールでの申し込みが必要です。


茶の湯といえば、思い浮かぶのは「侘び寂び」。
しかし「侘び寂び」が生まれる前、最もバサラ大名たちや公家に愛された闘うお茶、その名も「闘茶」という遊芸がありました。
当時は、様々な抹茶を複数回飲み、どの種類のお茶なのかを当てる賭け事として広まり、時の権力者たちがその面白さ、文化性に熱中しました。
今回はその闘茶を、当時の習いに沿いながら、現代でもわかりやすく体験できます。
茶道の作法や知識は一切必要ありません。
当日お話を聞いて頂ければ、どなたでも簡単に楽しめます。

また、今回は選りすぐりのお抹茶を四種類ご用意いたします。
どうぞお気軽にご参加下さいませ。

【内容】
当日は「四種十服」という形式で行います。

〜当日の流れ〜
闘茶の歴史、ルールのお話

葛切り

酒を三献(お酒が苦手な方はお水)

素麺(梅肉添え)を一杯

闘茶(四種類の抹茶を、少量ずつ10回に分けて飲みます)

答え合わせ
(最も当たった方には「何かしら」を差し上げます)

【日時】
2018年9月22日
15時30分〜17時30分

【場所】
陽岳寺
〒135-0033 東京都江東区深川2-16-27
門前仲町駅から徒歩5分

【参加費】
5000円

【定員】
20名

【参加方法】
sototakei@gmail.com
こちらまでお名前と人数を明記の上、ご連絡ください。

【主催者】
武井宗道/SOTO
2011年、武家茶道である遠州茶道宗家内弟子入門。2013年、御家元より「宗道」の号を頂く。同年、独立。それより、流派に依らない茶の湯を伝える。
これまで、2013年、ミャンマー国軍司令官、夫人へ呈茶(浅草寺伝法院)、2014年、タイ・ KOL KIMONO Japanese Experiencesにて茶会、ドイツ・ザイン城にて茶会、モンゴル参謀官へ呈茶(浅草神社)、円覚寺佛日庵にて茶会、2015年、粋場稽古主催(IKI-BA)、2016年、船上茶会開催、2017年、茶暦セミナー(ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮)、NHKカルチャー講師、学習院生涯学習センター講師、などの茶会、座学、稽古、また、雑誌『和楽』にて、「茶帙(ちゃじつ)」という茶箱の提案など、様々な活動をしている。
主な活動場所として、深川陽岳寺、ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮、ホテル雅叙園東京、森下文化センター稽古場がある。

-お寺ブログ, お知らせ

Copyright© 臨済宗妙心寺派 長光山陽岳寺ホームページ|虹の彼方に , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.