【コラム】日々新

投稿日:

9月1日は防災の日です。大正12年、1923年同日の関東大震災が由来となっているようです。
あれから90年以上経っていますが、災害があったときにどうするか考えることなど、日常であるでしょうか。2011年3月11日に、まさかあのような大きな地震と津波が起きるとは、と思いもおよびませんでした。
さらに言えば、今日というこの一日はもう来ない。一日一日が大切だと知ってはいても、ふだん意識することなどありません。
ある中国の王様は、朝に洗面する器に「日々新又日新(毎日が新しい一日)」と刻んでおくことで気をつけていた、と古事にあります。
風光もまた日々新たなり。同じ風はありませんし、今日も暑いですね・・・の繰り返しのひとつひとつは全く違う一日です。今日もいつもと一緒だなと思うなかに、新鮮さを見つめています。
お彼岸とは、彼の岸。かの岸であり、あちら側という意味です。三途の川の向こう側、というと分かりやすいかもしれません。
9月23日(土曜・祝)をお中日として、前後3日間(20~26日)が秋彼岸です。
お彼岸とは、ひとつには、あちら側に想いを馳せる仕組みと言えましょう。
今年の秋彼岸は、今年だけの秋彼岸。お参りお待ちしております。

-お寺ブログ, 副住職のつぶやき
-

Copyright© 臨済宗妙心寺派 長光山陽岳寺ホームページ|虹の彼方に , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.